屋根の工事屋さん
屋根の専門店
屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
小浦瓦店
0120-332-885
メールはこちらから
マスコットキャラクターびしゃもんくん
< 戻る  | ホーム ホーム  >  奈良県奈良市で雨漏り無料点検実施中!棟瓦に不具合が!!

奈良県奈良市で雨漏り無料点検実施中!棟瓦に不具合が!!

2023年01月26日(木)

奈良天理市で、築40年になるセメント瓦屋根の無料屋根点検に参りました。
お客様がおっしゃるには、「雨漏りは無いけれど、築40年にもなるので、瓦にズレや割れがないか見てくれない?]ということで無料屋根点検を行いました。点検の様子をご紹介します!

屋根上に登ると、、

棟瓦補強工事前

屋根上に登り瓦全体を見わたすと、、、、築40年も経過しているのに、「いやぁしっかりしている瓦だなぁ」と思いました。
セメント瓦の強度もあり「まだまだ長持ちする瓦だなぁ」と思い、点検をすすめていくと、気になるところが、、、、

屋根の点検 気になるところが、、、

棟瓦補強工事前

棟瓦(むねかわら)に近づいて見てみると、、棟瓦を針金で固定しているのです!
※やねの工事やさん豆知識※
棟瓦(むねかわら)とは、上記の写真に写る丸い瓦のことです。
近年の屋根工事では、棟瓦はステンレス製のビスで固定するのが一般的になっています。
理由は、風災や地震が起きると、まず崩れ落ちるのが棟瓦で、近年の地震や台風で棟瓦の崩壊や落下が多く見られました。
築40年経過している針金なので、瓦を固定出来ていない状況にあります。                
現状況は、瓦が屋根の上に乗っているだけの状態でした。

点検を終えて

点検を終えてお客様に屋根の状況をご説明しました。
一つ目は、棟瓦の固定が施されていてる針金の劣化状況と、二つ目は、セメント瓦の塗装が剥がれている状況をご説明しました。スマートフォンで撮影をした写真をお客様に見てもらうとお客様が「もっと瓦が傷んでいると思っていたわ!」とおっしゃっていました。
お客様には、「瓦が丈夫な間にセメント瓦の塗装はお早めに」「瓦の落下防止に瓦補強はお早めに」
とお伝えいたしました。

後日、お客様からご連絡をいただき「瓦の補強だけお願いしたいのよ、、災害が起きて瓦が落下しないか気になって気になって、、」とおっしゃって、棟瓦の補強依頼を承りました。

奈良県 大阪 京都 三重 和歌山 兵庫県 近畿一円伺います!
屋根の無料雨漏り点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店 にお任せください!






奈良県奈良市で築30年になるスレート屋根の無料雨漏り点...

2023年01月20日(金)

こんにちは!屋根の工事屋さん小浦瓦店 調査員の小浦です。

今回は、築30年になる奈良県奈良市のお客様から「スレート屋根を固定している釘が浮いているので点検をして欲しい」とのご連絡をいただき、早速、現地に参りました。
お客様に状況をお聞きすると、「スレート屋根から釘が浮いているのよ、、2階の部屋の天井にも雨染みがあるし、、ひょっとしたら釘が原因で雨漏りしているの?」とおっしゃていました。
お客様には、「釘が原因の可能性もありますが、そうとも限らないですよ、、」とお答えしたところ、「築30年も経つから、一度屋根全体を点検してくれない?」という事で屋根全体の点検依頼を承りました。

それでは、屋根の工事屋さん小浦瓦店の無料雨漏り点検の様子をご覧ください!
,


雨漏り点検 2階屋根全体を見わたすと、、

まず始めに、屋根全体を見わたしたところ、、、
「おや、、?」、、うっすらと瓦を固定している釘が目にとまりました。
お客様が気になされていた釘です。 

工事前全景

雨漏り点検 瓦を固定している釘の浮きが!

うっすらと浮いている様には見えるのですが、、
もう少し近づいてみると、、、

遠景瓦留め釘浮き

雨漏り点検 もう少し近づいて見ると、、、、、!

お客様がおっしゃっていた通りです!
釘が浮いています、、全部の釘が浮いているのです!!
「やはり釘穴から雨漏りしていたのかなぁ、、」
と思い屋根全体の調査をしようとしたところ、、

近景瓦留め釘浮き

雨漏り点検 屋根全体を調査すると、、まさかの!

瓦が割れていたのです!!
まさか!他にも割れがあるのかと調査を進めると
信じられない光景が!

工事前瓦割れ状況

雨漏り点検 これは大変!いたるところで、瓦の割れが!!

工事前大屋根瓦割れ状況
工事前下屋瓦苔付着状況
工事前瓦割れ状況

いたるところで、瓦が割れているのです!
すぐさま、お客様にご説明をして、スマートフォンで撮影をした写真を見ていただいたところ
お客様は「えーこんなことになっていたの!だから天井に雨染みが出来ていたのね!」と大変驚かれていました。

屋根の無料点検を終えて

今回の調査は、私も非常に驚きました。
私も釘穴が原因で雨漏りを引き起こしていると思ったのですが、まさかの瓦の割れとは、、、驚きです!
スレート瓦は陶器瓦に比べ安価で大量生産出来るのがメリットなのですが、どうしても耐久年数が少なく、20年程で、割れやヒビが生じてきます。お客様のお家が築30年になり、スレート瓦の耐久年数が過ぎているので仮設足場を組んで修理を施しても、耐久年数が過ぎた瓦は修理後も割れるリスクが高いことをご説明したところ、お客様が「葺き替え工事で考えたいから、また連絡するね」とお言葉をいただきました。
後日、お客様からご連絡をいただき、洋風の陶器瓦での屋根の葺き替え工事を承りました。
屋根の工事屋さん小浦瓦店にご依頼いただき ありがとうございます!

屋根の無料点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店にお任せください!




奈良県奈良市で築35年の木造建築の谷樋から雨漏り発生縁...

2023年01月18日(水)

こんにちは!屋根の工事屋さん小浦瓦店 調査員の小浦です。

本日は、奈良県奈良市のお客様から、屋根の無料点検のご依頼をいただきました。
早速、現地に向かいお客様に状況をお聞きすると、「縁側の軒先が雨漏りしてるのよ、前々から漏っていて、最近雨しみが広がってきて、、、おじいさんが何度か修理をしているけど直らなくて、、、」とのことで、雨漏り発生の原因を点検していこうと思います!

それでは、屋根の工事屋さん小浦瓦店の屋根の無料点検の様子をご覧ください!



奈良市での屋根の無料点検 築35年の屋根状況 

まずは、建物全体を拝見しました。
築35年の立派な木造建築です!
「どこから雨漏りしてるのかなぁ?」
と思いながら、軒裏の雨漏り状況を拝見させていただいたところ!!

屋根下からの全景雨漏り箇所全景

奈良市での屋根の無料点検 縁側軒裏雨漏り状況

雨しみが無数に!!
さらに木材も腐食しているではありませんか!!
立派な縁側の庇(ひさし)屋根が勿体ないです。
「それにしても、すごい雨しみが、、、」

軒裏雨漏り状況

奈良市で屋根の無料点検 屋根に登り雨漏り調査

お客様のご了承を得て、雨漏りの原因を見つけに
「いざ屋根上に参ります!」

屋根上に登ると、、「なんだか怪しい・・?!」と目についたのが谷樋(たにとい)です。

※屋根の工事屋さん豆知識※
谷樋(たにとい)というのは、屋根上にある樋(とい)のことです。

雨漏り箇所全景

奈良市で屋根の無料点検 谷樋が怪しい!

谷樋に近づくと、、銅で加工されている谷樋が
茶色く変色していました。所々に小さな穴もあいています!

雨漏り箇所谷樋状況

奈良市で屋根の無料点検 瓦をめくり、谷樋からの雨漏確認!

お客様のご了承を得て、少し瓦をめくってみると、、、!!

雨漏り箇所近景

雨漏りの後を発見!!
ご覧ください!屋根土の色が変わり、雨漏りの雨水で土が溶けて砂になっています!
やはり、雨漏りを引き起こしてしる原因は谷樋(たにとい)だったのですね。
お客様に雨漏りの原因をご説明すると「長年続いていた雨漏りが、やっと止まるのね」とおっしゃり、谷樋の工事依頼を承りました。
お客様、今回の工事には劣化しにくいステンレス製の谷樋を使用しますのでどうぞご安心ください!

屋根の工事屋さんにご依頼いただきありがとうございます!

雨漏り箇所確定

屋根の無料点検を終えて

屋根の無料点検を終えて、お客様のご要望で、谷樋の交換工事のご依頼を承りました。
既設の谷樋は銅で加工されており、約25年程で茶色くなり穴が開きます。
お客様のお家は、築35年になるので谷樋の交換時期が過ぎて無数に小さな穴が開いていました。
築20年を超え始めたら屋根の点検をおすすめします!

屋根の無料点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店にお任せください!!

奈良県奈良市で築25年木造建ての樋(とい)の無料点検 ...

2023年01月17日(火)

こんにちは! 屋根の工事屋さん小浦瓦店 調査員小浦です。

今回は、奈良県奈良市のお客様から、樋(とい)の無料点検のご依頼をいただきました。 
早速、現地に向かいお客様に状況をお聞きすると、「樋が垂れ下がってくるのよ、、何でこんなことになるの?」とのご依頼でした。
築25年になる木造建築建ての樋(とい)で、気が付いた時には樋が垂れ下がっていたそうです。

それでは、屋根の工事屋さん小浦瓦店の樋の無料点検の様子をご覧ください。

樋点検 樋の状況確認

樋の状況を確認してみると!!
これはひどいことに!
樋全体に泥がたまっているではありませんか!
「すごい泥詰まりです!!」

工事前樋泥詰まり状況
工事前樋泥詰まり状況

樋の無料点検を終えて

点検開始5分で樋が垂れ下がる原因が判明しました。
お客様にスマートフォンで撮影をした、泥詰まりの写真を確認してもらうと
「え~~!こんなことになっていたの!」と大変驚かれていました。
屋根の下からでは、樋に溜まっている泥詰まりは目視出来ないので、長年に渡って泥が溜まったのだと考えられます。
泥詰まりの原因は、樋に勾配(こうばい)が取れていないことで、雨が降る度に水が溜まり埃や砂が滞留し、苔や草が生えてくるといった状況が、泥詰まりの原因と考えられます。
恐らく25年前にお家を建てた頃から始まっていると思います。
お客様のご要望で、樋の交換工事のご依頼を承りました。
次回ホームページの施工事例で樋交換工事の様子をご紹介しますので ぜひご覧ください!

屋根・樋の無料点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店 にお任せください!

奈良県天理市で日本瓦屋根の雨漏り点検 キッチンの天井か...

2023年01月17日(火)
こんにちは!屋根の工事屋さん小浦瓦店 調査員の小浦です。

今回は、奈良県天理市のお客様からご連絡がありまして、無料雨漏り点検にお伺いしました。早速、現地に向かい、お客様に状況をお聞きすると、「キッチンの天井から雨漏りがするのよ なんとか雨水を止めて欲しい」とのご依頼でした。築30年程になる日本瓦屋根の立派な木造建築で、下から建物を見渡す限りは不具合がある様には見受けられないほど、綺麗な瓦でした。
お客様のご了承を得て、屋根上に登ると下から拝見したのと同じく築30年とは言え、瓦にヒビも・割れも・色あせも無い綺麗な瓦でした。何処から雨漏りしているの?と思うくらいの屋根ですが、ここは専門業者の仕事です!必ず雨漏りを見つけ出します! と言う思いで無料雨漏り点検を行って参りました!

それでは、屋根の工事屋さん小浦瓦店の無料屋根点検の様子をご覧ください!


 

雨漏り点検 キッチンの天井

まず最初に点検するのは、部屋中の雨漏りの状況からです。
雨漏りの影響で天井のクロスが剥がれ、雨水が滴っていました。
天井雨漏り状況

雨漏り点検 木造建築の外観

ご覧ください!!立派な日本瓦屋根の木造建築です。雨漏りを起こすのが不思議なくらい綺麗な日本瓦屋根です!

雨漏り調査前外観
お客様のご了承を得て、屋根上に登ってみても、とても綺麗な瓦の状態なのです!
谷樋雨漏り箇所全景
もしかして・・・
谷樋(たにとい)が怪しいかも・・・
と思い・・・谷樋を見に行くと、、

※谷樋(たにとい)とは屋根上に施している樋(とい)の ことです。
谷樋雨漏り箇所遠景
近くに寄って目を凝らして谷樋を点検しますが、
穴は開いていないのです、、
谷樋雨漏り箇所遠景
谷樋雨漏り箇所近景
もっと近くで見てみると・・・・!開いています  !小さな穴が開いているのです!
雨漏りの原因が判明しました!  谷樋(たにとい)の小さな穴から雨水が浸入していたのです。
お客様に、雨漏りの原因をご説明をすると、お客様が「屋根に樋があったなんて知らなかった!」と
大変驚かれていました。
お客様のご要望で、その日は応急処置をすることになり後日、谷樋の交換工事のご依頼を承りました。
                                                         



屋根無料点検を終えて

今回の雨漏りは、谷樋(たにとい)の小さな穴から雨水が浸入していたことが雨漏りの原因でした。
谷樋(たにとい)の下は部屋になるので、たとえ小さな穴から少量の水が浸入しても雨漏りに繋がります。
お客様宅の既設の谷樋は銅を使用しています。銅は酸性雨に弱く約30年ほどで谷樋の表面が茶色くなり穴が開き始めます。
近年使用される谷樋は、酸性雨に強いステンレス製の素材もしくはガルバリウム鋼板製を使用するのですが、30年前は一般的に銅製の谷樋が施されていました。
今回の谷樋交換は、ステンレス製を使用します。

屋根の無料屋根点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店にお任せください! 





奈良県天理市で日本瓦屋根の塀の漆喰(しっくい)剥がれを...

2023年01月16日(月)
こんにちは! 屋根の工事屋さん小浦瓦店 調査員の小浦です。

今回は、奈良県天理市のお客様からご連絡があり、無料雨漏り点検のご依頼をいただきました。
早速、現地に向かいお客様に状況をお聞きすると、「塀の漆喰(シックイ)が剥がれ落ちているのを何とかして欲しい」とのご依頼でした。
築40年程になる日本瓦屋根の立派な塀なのですが、塀に施している棟瓦(むねかわら)の漆喰(シックイ)が経年劣化で剥がれている状況でした。

それでは、屋根の工事屋さん小浦瓦店の無料屋根点検の様子をご紹介いたします。

日本瓦屋根の点検 その一

塀の漆喰(シックイ)の状況を拝見しようとしたところ・・・・!大きな庭木が目にとまりました。
なんと!庭木が塀瓦を押し下げて棟が一部崩れて
いたのです。お客様もお気づきになられていなかったようでした。お客様に「庭木を伐採しないと、塀瓦が崩れます」とお伝えしたところ、「塀瓦に関与している庭木は全て伐採して欲しい」ということで、庭木を伐採する事になりました。

庭木が塀を押し下げている状況

日本瓦屋根の塀の点検 その二

続いての点検は、お客様がおっしゃっていた通り棟瓦(むねかわら)の漆喰(シックイ)が剥がれ、草や苔が発生していました。棟瓦の漆喰は、約25年~30年程で剥がれ出します。放置しておくと棟瓦が陥没して崩れていきますので25年位が塗り替えの目安になります。
工事前塀漆喰劣化状況
塀鬼瓦漆喰劣化状況近景

無料屋根点検を終えて

無料屋根点検を終えて、お客様のご要望で、庭木の伐採と庭木の関与による一部瓦が崩れている箇所の修理、棟瓦の漆喰の塗り替え工事のご依頼を承りました。
工事のご紹介は、ホームページ内の施工事例にてご紹介していますので是非ご覧ください!

屋根の無料点検は是非 屋根の工事屋さん小浦瓦店にご連絡お待ちしております!
ページの先頭へ