屋根の工事屋さん 奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
お問い合わせ
メールフォームはこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
ホーム ホーム  >  現地調査記録  >  良かれと思った間違い

現地調査記録

良かれと思った間違い

  • 2020年03月06日(金)

こんにちは、今回はお客様の「良かれと思って」が引き起こした雨漏りのお宅です。

雨漏り調査の依頼を承って現地に伺ったのですが、屋根に上ってビックリしました。いたるところに漆喰が塗られているのです。

お客様に誰にこれをしてもらったのですか?とお尋ねすると、「瓦がズレたり雨漏りを起こさないため全て自分でやった」とのこと。ちょっと待ってください!前回の入母屋形状の屋根の時にも記載しましたが、屋根は雨水を効率よく排水させるようにしなければなりません。

良かれと思ってしたことが、逆に雨水を滞留させてしまっているのです。屋根瓦には隙間があり、これは通気や排水の機能を持たせるためで、水を滞留させてしまってはその隙間から雨水が入り込むのは言うまでも無く、例えるなら穴の開いた水槽に水を溜めているようなもの。水はどんどん漏れていきますよね。

自己判断で事を起こさず、まずはご相談ください。

小浦瓦店では相談・調査・点検も無料で行なっておりますので気になることがありましたら是非一度ご相談ください。

ページの先頭へ