屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
お問い合わせ
メールフォームはこちら
電話はこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
< 戻る | ホーム ホーム  >  現地調査記録  >  入母屋

現地調査記録

入母屋

2020年02月19日(水)
切妻の屋根の形状です
寄棟の屋根の形状です
入母屋の形状です

こんにちは、今回は屋根の形状でよくあるお話なのですが。1枚目の写真は切妻という屋根の形状で、施工性が良くシンプルな形です。施工性がいいため施工不良も少なく、雨漏れもしにくい形状です。

2枚目は寄棟という屋根の形状で、強いて言えば4方に軒先があるため雨風に強く建物の耐久性は良いとされています。

3,4枚目は入母屋形状です、切妻屋根と寄棟屋根の良いところを持ち合わせているのが入母屋です。ただ、入母屋の屋根は施工に高い技術力を要し複雑な形状から、メンテナンスも重要な物になります。

今回のお宅も定期的な点検がなされていないため、隅棟と呼ばれる下部(写真の→の箇所)は雨水が通るようにトンネル状にしてあるのですが土やゴミが堆積し雨水を留めるようになった結果雨漏りが発生しました。 定期点検の重要さが伺えます。皆様もお気をつけ下さい。小浦瓦店では無料点検をしておりますので是非お問い合わせください。

ページの先頭へ