屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
お問い合わせ
メールフォームはこちら
電話はこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
< 戻る | ホーム ホーム  >  現地調査記録  >  カラーベスト屋根調査

現地調査記録

カラーベスト屋根調査

2020年02月17日(月)
瓦本体の塗膜が剥離して劣化が著しい状態です
棟包み板金も発錆ています
カラーベストが所々破損したりズレたりしています

こんにちは、今回はカラーベストの屋根を調査してほしいとの依頼を受けてお伺いいたしました。

建物は築30年以上建っていてその間に屋根のメンテナンスを一切したことが無いというお屋根でした。本来、カラーベストは瓦表面に塗装がしてありその塗膜で強度を保っているといっても過言ではありません。そのため、カラーベストは10年から15年単位で塗装を行うというメンテナンスが必要となるのですが、それを知らずに放置されている方が結構おられます。

建築業者がそのすべを丁寧に説明していれば良いのですがなかなかそれも無いようです。

今回のお客様もそれを知らずに数十年放置していた結果がこのような状態を招きました。このようになってしまっては手の施しようが無く、葺替えをするしか無くなりますので、カラーベストの屋根をお持ちの皆様には定期的な調査やメンテナンスをお勧めいたします。

ページの先頭へ