屋根の工事屋さん 奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
お問い合わせ
メールフォームはこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
ホーム ホーム  >  現地調査記録  >  銅製雨樋

現地調査記録

銅製雨樋

  • 2020年02月22日(土)

こんにちは、今回は銅製雨樋の劣化についてです。屋根修理の調査をご依頼頂きお宅へお伺いすると銅製の雨樋を使っておられるお宅が多々ありますが、築年数が建っているお家の雨樋は写真のように穴が開いていることがあります。このような症状は酸性雨の影響だと言われていますが本当にそれだけでしょうか?

ここからは持論になりますが本当に酸性雨だけの影響であれば点で穴が開くでしょうか?線で穴が開くように思います。でもどのお宅でも点で穴が開いています。これは長い年月の間、降雨時に瓦からポタポタと落ちる滴が影響しているのでは無いでしょうか?水滴でも長い年月をかければ石にでも穴は開けてしまいますよね。では、塩ビ製の雨樋はなぜ同じような穴が開かないのでしょうかというと、穴が開いてしまう前に本体の劣化で取換え時期が来てしまうからだと思っています。いずれにせよ雨樋が破損すれば下屋など直接大量の雨水が掛かるため雨漏りのリスクは上がってしまいます。

小浦瓦店では雨樋工事も請け負っておりますのでお困りごとがありましたら是非ご相談ください。

ページの先頭へ