屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
お問い合わせ
メールフォームはこちら
電話はこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
< 戻る | ホーム ホーム  >  現地調査記録  >  ラバーロック工法

現地調査記録

ラバーロック工法

2020年02月14日(金)
コーキング材で瓦同士を固定 この写真の施工は間違いです。
屋根に散水後、コーキング材をカッターで切れ目を入れると瓦の裏側より水が出てきました。

こんにちは、突然ですが皆さんはラバーロック工法という物をご存じでしょうか?ラバーロック工法は屋根瓦にシーリング材を打設し瓦同士を連結させるものです。多くはズレ防止に施工されている物ですが間違った知識で耐震性や耐久性に優れるといった呼び込みで営業する業者があるみたいで、そんな業者がそのような知識で間違った施工すると屋根に湿気が溜まったり、雨漏りを促したりしてしまいます。 今回はそんな屋根の事例です。

雨漏りがする、とのお問い合わせで現場に行ってみるとこのラバーロック工法が施工されていました。とりあえず屋根に散水をしばらくしてからシーリング材を切断したところ水が出てきました。本来、瓦は重なりにより、雨漏りをしない構造となっていますので、不用意な場所をシーリングで塞いでしまうと浸入した雨水が排水できず、かえって雨漏りが生じることとなります。

ページの先頭へ