屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
お問い合わせ
メールフォームはこちら
電話はこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
< 戻る | ホーム ホーム  >  ブログ  >  毎日暮らしている家でも気づかないうちに雨漏りが!

ブログ

毎日暮らしている家でも気づかないうちに雨漏りが!

2022年07月23日(土)
こんにちわ、屋根の工事屋さん小浦瓦店雨漏り調査員の竹田です。
今回は磯城郡で屋根の調査依頼を受けて現地調査に参らせていただきました。
調査内容は隣に樹木がたくさん生えてある神社があり落ち葉が雨樋に詰まって困っているので清掃が可能か?そのほかに屋根に不具合がないか?とのことでした。
屋根の調査
早速屋根の上に上がらせていただき調査開始です。なるほど、お話通り隣には背の高い木々が沢山生えていて落ち葉が軒樋や屋根に積もっている状態でした。もちろん樋の清掃は可能です。

そのほかに屋根の不具合がないかを確認していると、瓦のズレを防止するためにコーキングが施してあるのを見つけました。しかし、このコーキングの仕方は瓦のズレは防止できますが雨漏りも発生させてしまう恐れのある施工方法でした。それは瓦の下端をすべてコーキングでふさいでしまっているからです。

天井の雨染み
屋根を降りてお客様にもしかして雨漏りってしていないですか?とお尋ねしたところ「いや、雨漏りはしていないと思う」とおっしゃいましたが、念のため部屋を確認させていただいたところ丁度コーキングが施された屋根の真下の天井に大きな染みが付いていました。
お客様に「このシミは雨漏りだと思いますよ」と言ったところお客様はこのシミを「始めてみた、今まで何も気づかずに過ごしていた」とのことでした。
このシミは階段室の天井であったため、あまり日頃から目にする場所ではなかったのでしょう。
寝室などの部屋なら何気に天井を見ることもあるかもしれないですが、さすがに階段を上り下りしているときに天井は見上げませんよね。

この様に、皆様のお宅にも気づかないうちに天井に染みができている場合はあるかもしれないです。
気づいた時にいかに早く対応するかで家の痛みを軽減できるはずですので、もし皆様のお宅の天井に怪しい染み跡がある場合はお気軽に屋根の工事屋さん、小浦瓦店までご連絡ください。
ページの先頭へ