屋根の工事、リフォーム、雨漏り修理、波板張り替え
お問い合わせ
メールフォームはこちら
電話はこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
< 戻る | ホーム ホーム  >  ブログ  >  雨漏りの危険度が高いトップライト

ブログ

天窓のエプロンに穴

雨漏りの危険度が高いトップライト

2022年07月15日(金)

こんにちわ、屋根の工事屋さん小浦瓦店雨漏り調査員の竹田です。
今回は奈良市で雨漏りの調査依頼をうけてお客様のご自宅を伺いました。

まず初めにお客様からお話を聞いたところ、トップライトのあたりから雨漏りがしていて天井クロスも剥がれている状態だとの事でした。
トップライトは部屋の中に自然の明かりを取り入れることができて空間が開放的になったりお洒落だったりして新築時に取り付ける方も多いかと思いますが、実はそれと引き換えに雨漏りのリスクって格段に上がってしまいます。
屋根に大きな穴を開けているのですから当然といえば当然の事ですが、だから雨漏りが発生しても当たり前とは決して言えません。

調査はまず部屋の状況、天井裏の確認、そして屋根の確認の順に行います。

お客様のお話通り天井のクロスは雨に濡れて剥がれていて壁にも雨が伝った跡がはっきりと残っています。続いて天井裏に上がらせていただき確認すると大きな雨染みがありました。
雨の浸入箇所はまだ分かりませんがかなり雨が広がていることが分かります。

そして屋根の上へと。
まず初めにトップライトの確認をするとトップライトの部材でエプロンと呼ばれる箇所に大きな穴が開いていました。これでは雨が漏っても仕方ありません。

周りを見回すと近隣の木々やアンテナなどに結構な数のカラスが止まっているではないですか。
もしかして?カラスの仕業かもしれませんでした。
なぜなら開いている穴の形が劣化や自然現象で起こるような穴ではないからです。

雨漏りっていろんな要素で発生しますが、まさかカラスのいたずらで発生しているとは思いもよりませんでした。

この後、お客様に原因を説明し修理方法などの提案をさせて頂きました。
ページの先頭へ