屋根の工事屋さん 奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店奈良・天理|屋根工事専門の小浦瓦店
お問い合わせ
メールフォームはこちら
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
営業時間:月〜土・8:00〜17:00
ホーム ホーム  >  見習い日記  >  破風板

見習い日記

破風板

  • 2020年02月19日(水)

こんにちは、新人見習いの賢治です。

今回は破風板について調べてみました。破風板という言葉は聞いたことがあり、
ケラバの側面に付けられる板の事だと捉えていて、ハフ板とカタカナだと勝手に思っていました。
調べてみると破風板と漢字で書かれていて、「風を破る」カッコイイ!なんて感じました。
破風は建物の顔とも言われ、
お城、神社、仏閣などは煌びやかな装飾を施したものがあり、
見た目だけでなく、横や下からの雨風を
防ぐ効果があるらしく。
確かに、屋根は上からの風雨に対して強い構造になっているけれど
下や横からの雨風にはどうなんだろう?と思っていました。
しかし、破風があることで屋根裏に
侵入する雨風を防ぐ効果がある!
ということは、破風板の劣化による雨漏りは屋根裏で起きるから気付きにくい場所。
なので屋根は上面だけでなく、側面も大事なんだなと思いました。

ページの先頭へ